不動産業者を通して家を購入する

不動産屋現在住んでいる中古の戸建て住宅を購入する際に、不動産業者を仲介しました。
インターネットで物件を探して気に入ったものがあったので、不動産業者とアポをとり家を見に行きました。
色々と家の良いところを聞いているうちに、ここを購入したいなという気持ちになりました。

「また見学の予定も入っていますし、人気の物件ですし」など言われると、早く購入しないと他の人の手に
渡ってしまうのではないかと不安にもなり、一回目の見学の後にもう一度両親を連れて見学し、翌日に契約
予定を入れてしまいました。

しかし不動産に詳しい伯父から性急すぎる、もっと慎重にと言われ、契約日を延期してもらい、色々と家の
ことについて調べることにしました。契約日の延期を不動産業者に申し入れたところ、了承はしてもらえましたが
店長まででてきてそのまま契約してもらえないかと頼みこまれました。

結局伯父の知り合いの不動産関係者に一緒に家を見てもらい良い家だと言ってもらう、登記などを調べるなどして
一週間後に正式に契約しました。実際に住んでみて家には非常に満足していますが、不動産業者はとにかく売ろう
売ろうとして良いことばかりを言ってくるので、それをふまえた上で自分たちで色々と調べることも大事だと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不動産売買の時期について

不動産売買のタイミングというのは、本当に難しいものがあります。プロですら今後の動向についてはいろいろな見方があるのに、
素人がベストなタイミングが計れるわけはありません。特に今住んでいる家を売って新たに家を買う場合は、売る時と買う時の両方で手数料が取られる
場合があります。実際の売り出し価格で売れたとしても、手元に残るお金はそれよりかなり減額されますので、事前にきちんと計算しておく必要がありでしょう。

不動産を売買する時というのは、あまり時間に余裕がない場合があります。どうしても「この時期に売らなければ」と考えてしまうのですが、
その時と同時に新しい家をすぐに買わなくても、しばらく賃貸住宅で暮らすという選択肢もあるのです。特に住宅相場が上がっている時は、売却する
自宅も高めで売れますが、次に買う家も高いのです。賃貸住宅に移ると月々の家賃が発生するからもったいない、という考え方もありますが、
不動産売買の場合は動く単価が非常に大きいので、注意が必要です。まずは冷静になって、今住宅を買うのが本当に得策かどうかを考えてみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

自宅を他人に貸す場合には収支をきちんと把握しましょう

戸建住宅やマンションなどを入手した後、転勤などの理由で一時的に転居するケースがあります。
その場合には、それらの住まいを賃貸に出すことで、一定の収入を得ることができます。
収入の内訳としては、まず家賃収入が挙げられます。また、マンションなどで管理費や駐車場料金などが必要ならば、その分も借主に請求できます。
さらに、住宅の賃貸では敷金と礼金を受け取るのが一般的です。ただし敷金に関しては、物件内の破損修理などに充てることが多いため、純然たる収入とはなりません。
そして、貸主側が支払うべき費用もいろいろあります。
どこかへ転居するということは、そちらで新たな住まいを借り、相応の家賃を支払うこととなります。
そして、不動産会社に建物の管理や苦情対応を依頼する場合には、その手数料も支払います。
さらに、現在賃貸に出している自宅やマンションの住宅ローンも、引き続き返済しなければなりません。
また、所有している不動産物件には都市計画税や固定資産税がかかります。この分の支出も考慮に入れる必要があります。
このように、自宅を賃貸に出す場合には、収入だけでなく支出にも気を配ることが大切です。双方のバランスを考え、損をしないように心がけましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ファミリー層が賃貸住宅で注意すること

家族ファミリー層とは未就園児から小学生くらいの子供がいる世帯のことを指します。
この家族構成で賃貸住宅を借りる時には、注意が必要です。
というのも、どうしても騒音が出やすいからです。

騒音にはいくつかの種類があります。
まずは足音です。
子供はバタバタと走り回ってしまいます。
親がいくら注意しても、幼稚園前の子供には理解できませんし、小学生くらいになるとわざとする子もいます。
そのような家族の下に住む人は、たまったものではありません。
そんな問題を起こさないために、戸建ての賃貸や1階を選んだり、2階以上に住みたい場合は騒音が少ない鉄筋コンクリート造りの建物を選ぶなどの配慮が必要です。

次に声です。
赤ちゃんの泣き声は遠くまで響きますし、お母さんが子供を叱る声も聞いているほうは不愉快です。
大きな声が出てしまったら、まずは窓を閉めましょう。
それだけでかなり効果は高くなります。

最後に楽器の音です。
ピアノやバイオリンといった音のなる楽器を習うと、家での練習が必要です。
その音が近所の人にとっては騒音となってしまうことがあります。
ピアノ可とうたう賃貸物件を選ぶか、防音室がある物件を探してみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

賃貸住宅の探し方

良い賃貸住宅に住みたいものです。そのような住宅を見つけるには、インターネットを利用するのが簡単で見つけやすいです。賃貸住宅サイトがたくさんあり、自分の希望の場所、間取り、賃料、設備などいろいろなことを考慮していくつか物件を選んでいくことです。

そうしたサイトは画像もあり、写真でその建物の外観などを知ることもできますのでだいたいのイメージを想像することができます。

また地元の不動産の会社に行って、いろいろな物件を紹介してもらうという方法もあります。地元だけに情報を詳しく持っており、自分の条件に合うものを見つけやすいです。

いくつか候補が見つかったならば、後は必ず下見に行く事です。自分の目で見て、自分が想像していたものと比べてどうか、この物件で満足できるか、セキュリティーはどうか、近くに便利なスーパーなどがあるかなどもチェックします。

また、家の中の内装の様子や設備機器のこと、日当たりや、近隣の人たちの様子などいろいろなことを調べて、納得して賃貸住宅の契約をすることが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

賃貸住宅に暮らす

賃貸住宅を三か所借りましたが、部屋選びでは自分が何を重視したいかを絞り込む必要があります。
最初に借りた時には一人暮らしだったので、部屋が綺麗なことも重視しましたが、それに加えて防犯面も気をつけました。
オートロックの物件でインターフォンに誰が来たか録画できる機能がついている物件でした。
また環境も賃貸の前が交番だったので、防犯面からとても安心でした。

二か所目以降は結婚後に夫婦で暮らしていたので、間取りが広いこと、家事がしやすいキッチンであることを重視しました。
また賃貸を選ぶ上ではベランダが南向きなところがお勧めです。部屋に光が取り込める、洗濯物が乾くというメリットがあります。
物件だけではなく近くにスーパーがあるか、駅までは近いかなど環境面もしっかりと調べておく必要があります。

賃料に関しては下げてもらえる可能性もあります。私は8~9万円の予算で探していて、11万円で気に入る物件があったのですが、
不動産屋さんが大家さんと交渉して9万円まで下げてくれました。
下げてもらえる場合もあるので、ダメもとで聞いてみるのも良いかと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

いつか不動産を購入し大家になるという野望

私は昔から、
いつか貯蓄が溜まったら
不動産を購入して大家に
なってやろう考えていました。

一人暮らしを始めて、
他にもいろんなことを知った今では、
それほど簡単な事ではないというのは
勿論分かっていますが、
大家になりたいという気持ちは
むしろ以前より強まっているかも
しれません。

先の見えない不景気な世の中、
いつまた災害が起きるかも分からないし、
ある突然保有していた不動産が
無価値になってしまう、
なんてことが起きないとも限りません。

それでも、いつかやってみたいんです。
今の仕事も、半分くらいは
その目標のために頑張っている
ようなものです。

ただ、やるからには
損を出したくないという思いも
少しはあるので、
出来るだけ景気やタイミングなどを
見計らって購入しようかと考えています。

私のような勢いだけの素人は、
それだけ頼りになる仲介の人に
頼みたいので、
その辺りも慎重に選ばなければなりません。

どんな家を購入するのか、
どの場所で購入しようか、
夢は膨らむばかりです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不動産の選び方。

まず、私が重要視してるのは値段です。結構、安くても慮室な賃貸物件は多いので、結局は会社の方針の違いで値段は変わってるんだろうと考えています。
ぼろぼろなのに月額5万円するところもあれば、二万円でそこそこ綺麗な物件も実際あります。(東京都ではありえませんが、地方都市だと結構ありえる金額です。)
なのえで、都市圏に縁がないなら積極的に地方都市に住むことをオススメします。
東京は以前、短期間住んだのですが、あまりの家賃の高さと物価の高さ、そして意外に賃金が安い求人が多いというのが率直な感想です。なので、私のようなケチな人間はとてもじゃないが住めないと思いました。地方都市は東京に比べると、ちょっと物足りないイメージがありますが、近年はどんどん発展していて、再開発も進んでますから、意外にお洒落な街並みですよ。
それなのに、綺麗なマンションがたったの2万円で住めるのです。これは地方都市の経済の衰退が原因なのか、料金に厳しい人が多いのか定かではないが、とにかく地方都市はマンションに安く住めます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

住み替えやすくて安心の賃貸住宅

賃貸住宅は、住み替えやすいというところが大きな魅力と言えます。
持ち家を買うよりも環境やライフスタイルの変化に対応しやすいですし、転勤が多い人にも愛されています。
賃貸住宅はメンテナンスや買った後の手入れなどもあまり考えずにすむことが多いので、家の修繕やリフォームなどのために貯蓄をしておく必要もありません。
自分の家を持つのと違って、何かあっても身動きが取りやすいですし、隣近所や建物の具合や自分の好みに応じていつでも最適の住まいに住みやすいと言えます。
賃貸住宅を選ぶにあたっては、実際に内覧をしたり、住まいの近隣の情報を詳しく知っておくことが大切です。
敷金や礼金、毎月の家賃などを決めておくことが基本ですが、その範囲内で自分に合う住まいを選びましょう。
間取りや家の広さ、スーパーやコンビニまでの距離や駅への通いやすさなど、人によって住まいに求める優先度は違ってきます。
自分の希望を整理し、毎日の暮らしや行動範囲にあった賃貸住宅を選ぶとおすすめです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

賃貸住宅を効率的に探す

仕事や進学などで新たに賃貸住宅を探す際に、なかなか効率よく探すことが出来ずに苦労した経験がある方もいらっしゃるかもしれません。今回は、そんな方のために賃貸住宅を効率的に探す方法をご紹介したいと思います。
まず、賃貸住宅を探す上で重要となるポイントは探すツール選びです。現在では、インターネット上で様々な情報を大量に手に入れることが出来ますが、これだけでは地域に密着した情報を得ることが難しい場合もあります。そこで、利用したいツールは、地域の住宅情報誌になります。主にその地域の駅や大型スーパーなどに行くと置いてあることが多いため是非、ゲットしておきましょう。
インターネットや住宅情報誌で賃貸住宅の情報をゲットしたら、次は不動産屋に連絡をします。ここで注意して欲しいことは、連絡の際、すぐに「インターネットで見た○○マンションに入居を検討しているのですが」といった賃貸することを前提とした話をするのではなく、「○○マンションをみて良いと感じたのですが、この条件と似たその他の物件の情報を提示していただけますか?」といったような話をするようにしましょう。
そうすることで、不動産屋がインターネットや住宅情報誌に掲載していない新しい情報なども入手することが出来る可能性もあり、選択肢を広げるポイントとなります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする